HOME > 新着情報(技術情報) > ヒアリ等、外来アリ類の生息調査に対応します。

技術情報

ヒアリ等、外来アリ類の生息調査に対応します。

2017.09.27

●強毒の「ヒアリ」が神戸港のコンテナヤードから見つかったことを受け、国土交通省は全国の自治体に、主要港湾内に「ヒアリ」がいないか調査するよう求めました。

【ヒアリとは】
・南アメリカ原産の有毒アリで攻撃的で強毒性。腹部の毒針で刺されると、激痛や水疱上の腫れが起き、アレルギー反応により死に至る可能性もあります。
・ネズミ類や爬虫類など、小さな生き物なら相手を問わず集団で襲い、人体や自然環境に大きな影響を及ぼすことから、世界各地で大きな問題となっています。

【ヒアリ等、外来アリの発見と侵入・定着阻止の重要性】
・人体や自然環境に影響を及ぼす、ヒアリ等の外来アリ類の侵入・定着を許してしまえば、地域社会へ大きな不安や経済的損失をもたらすことになります。
・このため、海外からの物資を頻繁に扱う場所における外来アリ類の生息確認や、発見された際の対策検討が急務となっています。

●中外テクノスは、調査実績のある専門技術者が、目視調査・トラップ調査を行い、ヒアリ等の外来アリを含むアリ類の生息状況を確認します。


事業案内「動物,植物,生態系調査」
外来アリ調査

戻る


新着情報

  • 環境事業について
  • 技術Topics
  • 用語集
  • 各種ダウンロード
  • 見てわかる!中外テクノス(12分12秒)

中外テクノスは個人情報保護に取り組んでいます。

ISO14001 / ISO9001