HOME > 事業案内 > コンサルティング(建築)

コンサルティング

建設

土木、建築分野においてこれまで培ってきた経験と技術を基に、専門技術スタッフによる点検・調査・試験から、診断・設計に至るまでのトータルコンサルティングサービスを提供します。


診断

ひび割れ診断

コンクリートのひび割れは、水分や酸素などの劣化因子を容易に鉄筋まで到達させ、鉄筋腐食が促進されます。防止するために補修が必要となりますが、ひび割れの発生原因にあった対策が必要です。
コンクリート診断士(日本コンクリート工学協会)によるひび割れ診断を行い、ひび割れ発生原因の推定と、補修の要否判定を含めた適切な対策方法を提案します。

劣化診断

土木構造物や建築物などの劣化診断を行ないます。点検やコンクリート試験などの調査結果から調査時点での劣化評価を行い、構造物が置かれている環境条件などを踏まえて、今後の劣化予測を行います。

耐震診断
学校などの公共施設をはじめ、各種用途・構造の建築物の耐震診断を行います。既存設計図書をもとに、現地との照合や劣化状況等を確認し、建築物の耐震診断結果を踏まえた条件設定で耐力計算を行い、耐震性能を判定します。


設計

補修設計
主に橋梁などを中心とした鋼構造及びコンクリート構造物をより長く使用していくためには、計画的な維持管理と適切な補修が重要です。点検、調査から得られた結果を踏まえて補修工法の比較検討を行い、その構造物にあった補修方法を提案、設計いたします。

耐震補強設計
阪神淡路大震災以来、耐震基準が大幅に見直され、それまでに建造された構造物や建築物には現行の耐震基準を満たしていないものが多く存在します。
社会資本である橋梁などの構造物や、学校などの建築物の安全を守る耐震補強設計を行ないます。
■落橋防止システムの設計(橋梁)
■下部工の耐震補強(橋梁)
■学校などの建築物耐震補強(建築物)

建築設計

新築・増改築を問わず、各種用途・構造建築物の設計から監理まで行います。


解析

ひび割れ解析
マスコンクリート打設の施工計画では、事前に温度ひび割れ解析でひび割れ発生確率の検討を行い、その結果をもとに対策を講じることが必須となっています。
2次元または3次元の温度応力解析プログラム(JCMACシリーズ:日本コンクリート工学協会)を用いて、温度解析からひび割れの発生評価及び施工条件の対策立案まで対応いたします。

お問い合わせはこちら


事業案内

  • 環境事業について
  • mono Horizon
  • 自社研究
  • 用語集
  • 各種ダウンロード
  • 見てわかる!中外テクノス(12分12秒)

中外テクノスは個人情報保護に取り組んでいます。

ISO14001 / ISO9001