HOME > 事業案内 > エンジニアリング(原子力発電エンジニアリング)

エンジニアリング

原子力発電エンジニアリング

原子力発電は他の発電方法と比べて経済性に優れ、かつ二酸化炭素の排出量が少ない発電方法です。世界各国において、環境問題やエネルギー安定供給の観点から原子力発電を推進する動きがあります。日本も例外ではなく、現在日本の原子力発電所には原子炉が50基以上ありますが、地球温暖化対策を講じる上で、原子力発電の必要性はますます高まっています。中外テクノスでは、原子力発電所の原子炉の検査で発見した傷を補修する、あるいは今後傷が発生しないように予防するなど、原子炉の健全性を維持するための装置を製作し、新技術を研究開発しています。過酷な環境(高放射線下・水深30m・狭隘部)で使用する装置のため、人・構造物に一段と優しい技術を求め、既存の技術に満足せず日々研究開発を進めています。


■原子力プラントにおける作業の安全性向上のための保全関連システムの開発支援
■原子力プラントの付帯設備における保全関連ツールの開発支援
■原子力プラントにおける作業性向上のための保全補助ツールの開発支援

Isotopeカタログダウンロード

お問い合わせはこちら


事業案内

  • 環境事業について
  • mono Horizon
  • 自社研究
  • 用語集
  • 各種ダウンロード
  • 見てわかる!中外テクノス(12分12秒)

中外テクノスは個人情報保護に取り組んでいます。

ISO14001 / ISO9001