HOME > 事業案内 > 専門調査(非破壊検査)

専門調査

非破壊検査

建築物、プラントのドクターとして培ってきた品質保証技術により、的確な検査データを提供します。また配管スケールチェッカー、熱交チューブの極値解析、水浸UT、スーパーブラスト等独自の特殊技術を駆使し、ストック型社会の実現に貢献します。


検査項目

■表面きず検査
・磁粉探傷検査
・浸透探傷検査
・渦流探傷検査
・目視検査
■内部きず検査
・放射線透過検査
(CR)
・超音波探傷検査
(フェイズドアレイ)
・超音波肉厚測定
(肉厚評価)
・水浸UT検査
(IRIS)
■特殊検査
・熱交チューブ抜管検査
(極値解析システム)
・スケールチェッカー
(配管内詰まり診断)
・交流磁気検査
(MDK)
・蛍光X線分析
(材質判別)
・過流アレイ検査
(ECA)
■その他
・X線CT検査
・CCDカメラ調査
・SDM目視検査業務
・品質管理業務
・重曹洗浄システム
・循環洗浄システム
・焼鈍工事

X線CT検査(マイクロフォーカス/ミニフォーカス)

マイクロフォーカス/ミニフォーカスCTにより、鋳造物、アルミダイカスト、電池、CFRP、セラミックス、骨格標本など幅広い材料において三次元測定を行います。
【用途事例】
・内部欠陥検出、寸法計測、解析
・研究、設計支援
・不良品検査
・幾何学形状比較、リバースエンジニアリング


X線CT装置による受託サービスのご案内


放射線透過検査(CRシステム)

X線フィルムに替わる、イメージングプレート(IP)を使用したコンピューテッドラディオグラフィーシステム(CR)により、高精細、高画質のフルデジタルX線透視画像を提供します。
【撮影事例】
・プラント設備などの機器・配管減肉及び割れ調査
・バルブなどの肉厚差の大きな対象物の撮影評価
・コンクリート構造物の配筋調査
・電子機器などの精密部品の製品検査
・樹木などの不朽診断
・遺跡・遺物などの内部確認


超音波探傷検査(フェイズドアレイ 超音波探傷)

従来の超音波探傷機能に断面映像化機能を加えた、先進の超音波探傷器により、高精度の探傷結果を提供します。
【探傷事例】
・水素誘起割れセクター、リニアスキャン
・応力腐食割れ探傷
・ボルト内部の割れ検査
・タンク底板などの面探傷画像解析
・厚板溶接部の内部欠陥調査
・水素浸食検査


熱交換チューブ サンプリング検査

熱交換器にて設備の信頼性を維持し安全運転を図るために、熱交換器チューブの抜管検査を行います。このシステムでは、肉厚計測システムと極値解析システムを組み合わせて測定結果から、熱交換器チューブ全体の余寿命を推定します。
・測定場所に制限不要なコンパクト設計
・外形測定・内外面最小板厚測定結果をまとめて管理
・簡単操作・手動計測方式
・計測から解析までPC処理で即時プリントアウト


交流磁気探傷検査(MDK:マグネティック ディテクター オブ カイセイ)

MDKセンサーでは、コイルで発生させた交流磁束が、試験体を透過して再びセンサーに戻ってくるため、渦電流試験法で見られるような磁束の減衰がなく、試験体の外部、内部情報を明らかにすることが可能です。

【探傷事例】 ・試験体内外部のクラック確認
・金属疲労による金属組織変化
・保温材下の減肉確認
・金属の焼入れ状態確認
・メッキ剥離など不均一相の確認
・フレキシブル管内部の確認

重曹洗浄工事(スーパーブラスト重曹洗浄システム)

サンドブラスト工法等に代表される金属表面の剥離作業や、水を媒体とした超高圧洗浄に比べ、はるかに低圧な重曹(重炭酸ソーダ=NaHCO3)を媒体としたブラスト洗浄により、今までの作業における様々な問題をクリアします。

【探傷事例】 ・IRIS検査等の熱交チューブの内部下地処理
・ボイラーチューブ外面のスケール除去
・ガラスライニング面の洗浄
・プレート熱交など薄板の洗浄
・エアフィンクーラー外面など、軟鋼の洗浄
・タービンブレード外面洗浄 など

*熱交チューブ内にスケール除去剤(ECO酸)を一定時間循環させることによって固着したスケールを溶解します。スーパーブラストと組み合わせることで従来では難しかったチューブ内に強固に固着したスケールも除去します。


水浸UT検査(IRIS検査)

当社独自の水浸UT(IRIS)検査の特徴
・目視による読取に加え、画像解析が可能(内面側対象)
・リアルタイム(チャート出力)+画像解析が可能
・探傷データをハードディスクに取込可能
・全探傷データの取込可能
・従来機と比べ、格段の探傷スピード向上(30mm/sec)
・自動で0.6mmt、手動で0.3mmtまで検出可能
・データ採取から、報告書作成まで一連作業可能


スケールチェッカー(配管内詰まり診断)

配管の目詰、スケールの堆積、赤錆の発生、並びにプラント機器の現状を把握することは、故障予知、保全計画並びに運転状態の改善に不可欠です。スケールチェッカーは、微量な放射性同位元素(法規制外)を用いて配管に付着した異物を計測、可見化します。
・保冷温材の上からでも測定可能
・現場でスケール付着状況をPCディスプレー表示
・400mmφの配管まで測定可能(本体の販売も承ります)


塔内部状況確認(放射線透過線量測定)

スケールチェッカーを応用し放射線透過線量を逐次パソコンに取込、グラフ状に表示することで、大型の塔槽類内部の状況を把握することが可能です。使用する線源は文部科学省に届け出が必要となります。

【調査事例】
・ケーシング内部配管の粉体詰まり調査
・配管・塔槽類内部の密度及びレベル変動調査

渦流アレイ検査(ECA)

応力腐食割れ(ESCC)検査のスクリーニングに最適な渦流アレイをいち早く導入、面倒な下地処理を行わず、素探傷が可能です。
・機器、配管の塗料やコーティングを除去せず、探傷が可能
・PT検査のように薬剤不使用
・磁性合金や非磁性合金を探傷可能
・検査結果を分かり易く画像表示

渦流アレイ検査(ECA)

お問い合わせはこちら


事業案内

  • 環境事業について
  • mono Horizon
  • 自社研究
  • 用語集
  • 各種ダウンロード
  • 見てわかる!中外テクノス(12分12秒)

中外テクノスは個人情報保護に取り組んでいます。

ISO14001 / ISO9001