HOME > 自社研究

自社研究

当社の長期ビジョンの実現に向けて、多様な自社研究を進めています。

環境バイオテクロジー分野


「エネルギー生産」、「環境保全」分野を対象に、多様な環境バイオテクノロジーを駆使して、環境バイオ関連技術の開発に取り組んでいます。

地中メタン再生技術

地中メタン再生技術の開発

地球温暖化の主たる要因と考えられているCO2の効果的な処理技術の一つとして、CO2の地中貯留技術(CCS)の研究が世界中で進められています。一方、油ガス田の資源活用の観点から、近年、枯渇油ガス田の有効利用が見直されており、さらには天然ガスの安定的供給も重要な課題となっています。そこで当社では2004年より、枯渇油田に棲息する土着の原油成分分解水素生成菌や水素資化性メタン生成菌等の微生物群を利用して、枯渇油田に圧入し地中貯留したCO2をメタンに変換することにより天然ガス鉱床の再生を図る技術の開発を進めています。

安定同位体を利用した微生物代謝解析技術の開発
地球上には多様な元素が存在しますが、それぞれの元素には「同位体」が存在し、特に微生物の代謝に関わる水素(H)、炭素(C)、窒素(N)、酸素(O)、イオウ(S) といった安定同位体は、微生物によって吸収・排出される化学成分として測定することができるため、物質の起源や基質の分解・代謝機構などに関する情報を得ることができます。そこで、各種安定同位体を利用した微生物の代謝解析技術の研究を進めています。

生物的土壌修復技術(ファイトレメディエーション)
ファイトレメディエーションは、植物根の力を活用する環境修復技術です。植物の根からは、酵素、アミノ酸、有機酸など微生物の増殖を促進する物質が分泌されます。また、植物の根は土壌の通気性を改善し、微生物の着生場所ともなります。このような根の力を活用することによって、環境の浄化に有用な微生物の増殖を促進します。当社では、油汚染土壌のファイトレメディエーション技術の研究・開発に取り組んでいます。
論文リスト

バイオマス利用技術分野

林地残材を減容化する装置(バンドリングマシン)
バイオマス利活用が進むなかで林地残材のエネルギー利用が期待されています。林業の素材生産作業中に、自動的に残材を圧縮・結束・切断し、減容化して運搬しやすく成型する装置を開発しました(商標バンドラー)。本装置を使用した残材搬出システムにより、経済的に成立する森林バイオマス利活用事業の導入を期待しています。(当社の技術開発は終了。事業は他企業へ継承。)


お問い合わせはこちら


自社研究

  • 環境事業について
  • mono Horizon
  • 自社研究
  • 用語集
  • 各種ダウンロード
  • 見てわかる!中外テクノス(12分12秒)

中外テクノスは個人情報保護に取り組んでいます。

ISO14001 / ISO9001