HOME > 技術Topics

技術Topics

音響カメラによる音源調査

騒音や異音の対策において、音源の特定は非常に重要です。しかし、一般的な騒音計による測定では、音源の詳細な位置を特定することはできません。
音響カメラは、カメラと多数の指向性マイクを組み合わせることにより、「音」を「見える化」することのできる装置です。
目に見えない「音」を「見える化」することで、環境や機械の音の発生源を特定し、効果的な対策をご提示します。

■コンビナート騒音可視化
騒音可視化した写真
■用途
・環境騒音対策
 自動、電車、飛行機、工場など
・品質管理
 風車ブレード、車のエンジンなど
・技術開発
 輸送機器、機械装置の低騒音化など

機器構成はこちら


実際の音を「見える化」した映像をご覧いただけます。

   工場騒音可視化 動画を見る    電車騒音可視化 動画はこちら


CEEMS (Chugai Efficient and Effective Monitoring System)

CO2地上漏洩常時監視システム

CO2地上漏洩常時監視システムのご案内


Radiation Scan


お問い合わせはこちら


技術Topics

  • 環境事業について
  • 技術Topics
  • 用語集
  • 各種ダウンロード
  • 見てわかる!中外テクノス(12分12秒)

中外テクノスは個人情報保護に取り組んでいます。

ISO14001 / ISO9001