1. HOME
  2. 事業紹介
  3. アスベスト調査

アスベスト調査 Asbestos Survey

アスベスト調査

  • 建築物の建材等に含まれるアスベストの定性・定量分析を、JIS A 1481-1(2016)の偏光顕微鏡法(PLM法)によって実施します。また、X線回折装置を用いるJIS A 1481-2(2016)及びJIS A 1481-3(2014)、並びに、偏光顕微鏡を用いるポイントカウント法によるJIS A 1481-4(2016)も対応します。その他ISO法、EPA法も対応します。
    建築物のアスベスト使用状況調査は、建築物石綿含有建材調査者・一級建築士・アスベスト診断士等が行います。
    解体工事や環境測定で行う空気中のアスベスト測定は、位相差顕微鏡法のほか、位相差/偏光顕微鏡法、分散染色法、電子顕微鏡法など幅広く対応可能です。また、特定化学物質に追加されたRCF(リフラクトリーセラミックファイバー)の採取、分析にも対応しています。