HOME > 事業案内 > 研究開発支援(廃炉支援)

エンジニアリング

廃炉支援

新工場および原子炉格納容器(1号機)の一部、原寸大模擬体

東日本大震災によって損傷した福島第一原子力発電所1~3号機の廃炉作業における最大の難関である「燃料デブリ」の取り出し。この「燃料デブリ」取出しに向け、新工場を建設し原子炉格納容器の一部を原寸大で再現した模擬体を工場内に設置、廃炉のためのロボットを含めた技術開発、及び支援業務を行っています。当社は四半世紀にわたり培ってきた原子炉内構造物の維持管理の為の検査や補修等の技術を活かし、一日も早い廃炉の完遂を支援いたします。


■廃炉に向けた原子炉格納容器内の調査支援業務
■廃炉に向けた燃料デブリ取出し工法の検討支援
■廃炉に向けた燃料デブリ取出し支援ロボットの開発

※資源エネルギー庁の廃炉・汚染水対策事業において、国際廃炉研究開発機構(IRID) 殿業務として、日立GEニュークリア・エナジー㈱殿の開発業務を支援。

燃料デブリ取出し用に開発中※のロボット

お問い合わせはこちら


事業案内

  • 環境事業について
  • 技術Topics
  • 用語集
  • 各種ダウンロード
  • 見てわかる!中外テクノス(12分12秒)

中外テクノスは個人情報保護に取り組んでいます。

ISO14001 / ISO9001