人命に関わるという自覚と使命感を持って

構造物調査業務 2017年入社

インターンシップでの印象が決め手に

入社したいと思った理由を教えてください。

大学では建築を学んでいたので、当初はゼネコンに就職することを考えていました。ゼネコンは新しいモノを作りますが、中外テクノスのインターンシップに参加して、既にあるモノを点検するという業務がとても新鮮で、魅力を感じたことが決め手になりました。現場にも出向き、社内での業務も担うという働き方は、私にとって理想のスタイルです。

チームではコミュニケーションが大切

現在の業務内容を教えてください。

コンクリート構造物調査とトンネル点検を担当しています。例えば、コンクリートの橋の外観に異常がないか目視で確認を行い、異常があればハンマーで叩いて音を確かめます。トンネル点検は5人以上のチームで行うので、コミュニケーションがとても大切です。現場で臨機応変に対応する必要もあり、悩むこともありますが、上司や先輩にアドバイスをいただきながら、経験を積んでいます。

点検は危険を未然に防ぐ重要な任務

この仕事の喜びは、どのようなことですか。

トンネルは、コンクリート構造物のすぐ下を車や人が通っています。もしコンクリートの破片が落ちてしまったら、通りがかる人がケガをしたり、車を傷つけたり、大きな事故にもつながりかねません。私たちの点検は、危険を予防するためにとても重要な任務です。人命にも関わる仕事なんだという自覚と使命感を持って、取り組んでいます。

勉強を積み重ねたことが今につながる

これまでに苦労したことを教えてください。

入社したばかりの頃は、業務中に飛び交う言葉が専門用語ばかりで理解できず、苦労しました。分からない言葉を全てメモに取り、資料を読んだりインターネットで調べたりしてから先輩に質問をしていました。最初は何をどう聞けばいいのかも分からず、質問をするために勉強する日々でしたが、その繰り返しで、少しずつ言葉も覚えることができ、知識を補うことにもつながったと思います。

初めて責任者としてチームを率いる立場に

今の課題は、どのようなことですか。

この度、初めて責任者としてトンネル点検を担当することになったので、責任者の立場で現場を遂行することが、直近の課題です。これからお客様と打ち合わせを行い、計画を立てていく予定です。チームのメンバーは、多いときには10人以上になることもあります。新人に指導する役目もありますし、ベテランの方たちに動きを伝えるための説明も行います。お客様との連絡、社内でのコミュニケーションを丁寧に行うことを心がけ、前向きに取り組みたいと思います。

成長し続ける自分がイメージできる会社を見つけて

入社を検討されている方へ、メッセージをお願いします。

社会に出ると大変なことも多いですが、その分、学ぶこともたくさんあります。私自身まだまだ未熟ですが、学生時代に比べて積極的になり、成長することができたのではないかと思います。インターンシップなどを活用して、成長し続ける自分がイメージできる会社や仕事を見つけ出せるよう、頑張ってください。

中外テクノスの人たち OTHER STAFF

一覧へ